どういったことでうつ病になったか原因を調べて抗うつ剤で治していく

  1. ホーム
  2. 何故増加したのか

何故増加したのか

相談

うつ病が増加している理由としてあげられるのが、生きていることが辛いと感じるからです。何故辛いと感じるのか考えていくと、その原因は生きにくさが原因となっていきます。うつ病はありとあらゆる原因や理由で起こるので、意外に感じにくかったり、気づきにくかったりしますが私達が思っている以上に増えているとされています。しかしそれは何も本人のせいや責任ではなく、私達の生活そのものが生きにくい社会となっていることが原因として考えられています。40歳を過ぎた人がうつ病になりやすいのも、うつ病が引き起こす抑うつ気分や更年期などが影響して起こるからだと言えます。そんな時に生きづらさを感じることは多々あるでしょう。10代に比べて社会人になると、社会の決まりや風潮に合わせるあまり自分で思っている以上にストレスを感じていることもあります。気分屋の性格の方は社会に適応しにくいことや、決まりに従って生きることが大変に感じてしまうものです。うつ病は社会人に多くある病気だと思いがちですが、実は現代では若者でもうつ病の症状が現れているのです。不安障害や気分障害などを起こして、リストカットや拒食をしてしまう学生などもいるようです。多くの人間が乗る電車に乗れなかったり、他人の視線が気になってしまったりすることがあります。このような症状を訴えて心療内科などに助けを求めるケースが増加している様子です。この増加により精神科や心療内科も手がつけられないくらいに溢れています。そして若い時に発症しているからこそ、病気も治りにくかったり時間がかかったりするようです。現代を生きる若者に増えたことで考えられる背景となった原因は、時代そのものが生きづらさを感じる社会になったからと言えるでしょう。では、どうして現代社会に原因があるのかを考えていくことが大切です。それはIT社会に突入して、沢山の情報がありすぎて一人一人が処理出来ない量に増えたからだと言えます。人間は元々自然に囲まれてストレスのない社会で生きてきました。それが歴史を辿って現代においては、適度な息抜きも出来ずに自然に囲まれて生活もできなくなっているのが現状です。自然を感じないままに、電脳社会を生き続けることが脳に休息を与えられるとはいえません。そのことから考えても、便利になったはずの現代では休まることのない環境に変わったと言えるでしょう。ITが進みすぎた今の社会では、処理すべき問題は増えているのに情報量だけが多くて、解決するのにも困難と言える状況です。しかし求められるのは結果ばかりが重視されていることから、結果を出せなかった際の失敗体験となりストレスが増加すると言えるでしょう。それに加えて時間社会となった現代は、結果と時間内に終わらせることを過大評価している傾向が原因となっています。仕事の結果の他にも、交渉能力や協調性なども求められていきます。これでは全員が何でも出来る能力を持った人間ではないといけないといったレッテルを貼られているのと同じことのように思えます。それでも現代社会の風潮に合わせようと、責任を感じてがむしゃらに頑張る人ほど疲労や精神的ストレスが蓄積していくと言えます。そういったプレッシャーなどが溜まっていくと、のちに抱え込めなくなってしまうので、そうなる前に気づき対処することが自分にとっても必要な策だといえます。結果を求めるばかりの現代が生み出したものは、想像以上に大きく代表的なものでいえばリストラが増えました。それ以外に働いていてもパワーハラスメントや無償の残業など、過酷な労働を迫られているのです。
それは働く人間のモチベーションを失わせて、希望も夢も失くしてしまうことなのです。うつ病は脳に疲労やダメージが蓄積してきたものが引き金となっています。そういった症状から考えると若者に比べて中高年の方がうつ病にかかりやすいといった問題は納得のいく結果だと言えます。20代の若者は躁うつ病といったものが発症しやすいと考えられています。若者だからと言って、うつ病を軽く考えるのでは無く、早めに精神科などを受診することを推奨致します。精神科に行くことによって、正しい治療法を理解して治すことが出来ます。若者だからこそ治るのに時間がかかってしまう可能性もあるので、早めの対処が重要になっていきます。精神科などの病院では抗うつ剤などが処方されていきますが、不安や聞きたいことがあるのであれば、遠慮せずに担当のお医者さんに抗うつ剤のことについて聞くことが大切です。わからないままにしておくと、そのことが気になって不安になるより一つずつ不安要素を減らしましょう。抗うつ剤はうつ病の症状に適した薬なので、抗うつ剤は一番効果を実感出来るといえます。