どういったことでうつ病になったか原因を調べて抗うつ剤で治していく

  1. ホーム
  2. うつ病症状の進行を防ぐ

うつ病症状の進行を防ぐ

錠剤

自分がうつ病かもしれないと感じた時に、何科に行けばいいのかわからないことが多いですよね。そんな時の為に、精神科と心療内科の違いをご紹介していきます。まず、精神科はその名の通り、精神面に起きる病気を専門とした病院となっています。うつ病の専門的な治療を行えるのは精神科と言われています。心療内科は精神科と少し違って、体と精神面の両方を治療する項目として行なっています。わかりやすく例えると、精神面で引き起こされた体の異常を治療する為の内科と考えてもよいでしょう。続く倦怠感やふさぎ込むくらい落ち込んだ時には、自分がうつ病であるのかわからない時がほとんどだと思います。しかしそれが続くようでしたら、まずは心療内科へ行ってみることを推奨致します。何故なら、精神科と聞くと変に身構えてしまい治療を受けることに気持ちが進まないことがある可能性があるからです。うつ病は放っておくと、どんどん進行していく病気なので放置せずにすぐに心療内科へ行くなど行動を起こすことが大切です。また、現代はストレスを抱えやすい風潮にあることから、心療内科は受診する方が以前より多くなってきています。うつ病になってしまい、病院から提案される治療法は様々な種類があります。1つめは長期的な休暇をとることです。仕事を休むことにはなりますが、頑張り過ぎてしまったなら、休暇をとって心を休ませることは重要な事です。2つめには服薬による治療です。抗うつ剤というものがあり、その薬を飲むことによって抑うつ気分やふいに襲ってくる不安感などを少なくさせる効果を持っています。焦る気持ちなどがあるとうつ病をゆっくりと治していけないので、この時に抗うつ剤の効果が必要となってくるのです。他にも抗うつ剤は、意欲や物事への関心や興味を取り戻してくれます。好きだったものに興味がなくなってしまうこともうつ病のサインです。だからこそ抗うつ剤はうつ病に最適な薬だとされています。