どういったことでうつ病になったか原因を調べて抗うつ剤で治していく

  1. ホーム
  2. 増加傾向にあるうつ病について

増加傾向にあるうつ病について

悩む人

厚生労働省においても発表されているうつ病は、かかる人が増えている病気だと言われています。医療施設で行われている調査でも、うつ病による気分障害などは年々増え続けて総患者数も推移しています。1999年の調査でも約44万人となっていた患者数が、2002年の段階で約71万人に増えていったことが大きな変化だと言えます。この時にうつ病の治療による抗うつ剤や、睡眠薬などの使用率も国民のデータを見ても上昇傾向にあるように思われます。2011年の東日本大震災の影響もあってか、2014年の調査ではうつ病患者数は急速に増え、約111万人となっていきました。この数字は過去最多の記録を更新する結果となりました。ストレス社会と呼べる現代は、そのまま深刻化していき年々推移の一歩を辿っています。そして性別を別に見ても、女性の方がうつ病になっている方は男性より多い結果となっています。生涯に一度、うつ病になってしまう人間は15人に1人と言われています。それほどうつ病は私達の身近な病気だということです。そして、実際にうつ病にかかってしまって医療機関を利用している患者は100万人以上に上るとデータの結果が出ております。そして病院へ相談をせずに、医師の診察を受けていないうつ病の方は4人中3人といった結果になりました。現代のストレス社会では、誰にでもかかってしまう可能性のある病気だということがいえます。病院での受診が不安であっても、放置せずにまずは相談するだけでも行動を起こすことを推奨します。抗うつ剤の成分には不安な気持ちを緩和してくれる作用があります。まずは否定的な考え方をなくす事が重要なので、この機会に抗うつ剤の効能などを知っておくと安心出来るでしょう。抗うつ剤は他にも睡眠導入剤や物事への関心を持つことが出来る効果があります。そのため抗うつ剤は、うつ病に適した治療をもたらせてくれます。