どういったことでうつ病になったか原因を調べて抗うつ剤で治していく

  1. ホーム
  2. 抗うつ剤の強さや副作用

抗うつ剤の強さや副作用

女の人

うつ病で治療が必要となった時に処方される抗うつ剤の効果についてお話していきます。抗うつ剤の効果としては、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンを増やす事が出来きます。セロトニンは不安や落ち込む気持ちを和らげてくれます。ノルアドレナリンは意欲や気力の面で使われています。ドーパミンは興味や楽しむことの感情を扱っています。この3つの要素を元に増やしていくことが出来るのが抗うつ剤なのです。抗うつ剤の薬の中で最も強いのは三環系抗うつ薬と言われています。セロトニンやノルアドレナリンの効果を増やすことが期待できます。しかしその分副作用があることを頭に入れておきましょう。副作用のリスクを抑えながら、改良された薬がノリトレンとアモキサンです。この2つは意欲や気力を高めてくれる力を含んでいます。新しい抗うつ剤の中で効果が高いとされているのは、NaSSAと言われています。NaSSAは三環系抗うつ薬に比べて副作用が少ないところが良いとされています。副作用が無い代わりに、抗ヒスタミン作用があります。抗ヒスタミンによって出て来る作用は、眠気や食欲の増加です。うつ病は睡眠に悩まされることもあるので、深い睡眠をとりたい方には推奨出来る薬といっていいでしょう。眠気の他に食欲の増加の傾向があるので、意識して無理無く食事を取り過ぎないように心がければ問題ないでしょう。四環系抗うつ薬とその他の抗うつ剤としてあげられる、デジレルとレスリンには眠りを深くしてくれる効果があります。主に睡眠薬として使用されることが多いです。