どういったことでうつ病になったか原因を調べて抗うつ剤で治していく

女の人

抗うつ剤の強さや副作用について

うつ病の治療で使用されるお薬の抗うつ剤について知ることが大切です。それらを知ることは副作用のことを正しく理解して、自分に合った服薬をするためです。そしてうつ病を治していくことが重要です。

錠剤

うつ病症状の進行を防ぐ為にも知っておこう

頑張り過ぎる性格の人ほど、うつ病になりやすいといえます。そこで、ここではもしもうつ病になった時の為に2つの科の違いを紹介しています。病院では抗うつ剤が処方されると思いますが、抗うつ剤のメリットなどにもふれています。

悩む人

増加傾向にあるうつ病について

現代社会は今ではストレス社会とも呼ばれていて、うつ病になってしまうケースが少なくありません。年々増加傾向にあるうつ病について、ここでは紹介しています。決して他人事ではなく、誰しもがなりうる病気だということを知りましょう。

相談

うつ病は何故増加したのかを理由を考える

うつ病が増えていいく社会背景を理解して、治療による抗うつ剤が必要になる理由を説明しています。うつ病になってしまうのは、中高年だけでなく社会人や学生などの若者まで増加傾向にあることを理由と共にふれています。

うつ病の症状について

看護師

うつ病の症状として現れるものを代表的な例としてあげていくと、精神的な抑うつ気分や興味などの消失です。そのことで気分が落ち込みやすくなったり、不安に襲われるなどの感情に支配されてしまいます。精神面以外でも、意欲低下が引き金となり、行動力や判断能力を失うなどの症状も出てきます。考え方に関しては、思考力も同時に低下しているので悪い方向に考えてしまう方向になります。よく言われるマイナス思考というものです。ここからは、抑うつ気分の初期段階について詳しくお話していきます。抑うつ気分とは、一日中マイナスな事を考えてしまい気分が晴れなくなったり、ふさぎ込んでしまい気が滅入る事をいいます。誰しも落ち込むことはありますが、そんな時とうつ病との違いは、そういったふさぎ込む期間が長い期間にかけて続くということです。最初で起こる憂鬱な気分をそのまま放っておくと、苛立ちが収まらなくなったり常に追い詰められた気持ちになったりします。言葉で表すことの出来ない不安感が消えなくてずっとある状態なども当てはまります。他には興味や感情の消失について説明していきます。日常で起こる出来事に無関心になったり、今まで好きでやっていた趣味に一切の興味がなくなったりします。何を見ても感情の変化が起きずに、楽しいと感じる感情が乏しくなっていきます。そのことにより、笑うことも減っていき無表情になりやすいという特徴があります。この症状は感情消失と呼びます。続いては行動力や意欲の面についてふれていきます。うつ病の怖いところは、心に必要な意欲やエネルギーが低下するところです。意欲が低下していくと、同時に行動が出来なくなっていくことがあげられます。気だるさや倦怠感が続くことで、すべてのことを億劫に感じて行動することが難しくなります。頑張ろうと思って行動してもすぐに疲れてしまい、やがて何もする気が起きないと思ってしまいます。今まで聞いていても何も感じなかった雑音や他人の声が気になり、煩わしいと苛立ちを感じることもあるでしょう。そういった症状が進んでいくと、外出する気も起こらなくなり外部との関係をシャットアウトしてしまうことにつながる可能もあります。そういった様々な症状が起きたら、精神科や心療内科に相談し、正しい治療を受けることが大切になります。病院では抗うつ剤の薬が処方されると思いますが、その時にも正しく服薬することを念頭においておきましょう。抗うつ剤は飲み続けることで効果を得られるので、自己判断で勝手にやめたりしないようにしましょう。